脱毛の光は体に害はないのですか?

エステでの脱毛に関して、心配なのは光やレーザー等の害でしょう。
レーザーというと、放射線?と思うところですが電磁波を発するものというところからで、レーザーなどは放射線ではありません。
確かに、光を発するものが、レーザーの場合は放射線ではなく、普通の光の方がより近い存在だと思ってよいでしょう。
体内に光が入り込み、深層部に影響を与えることまずないと思ってよいでしょう。
光脱毛などのばあいは、可視光線ですから、人間の体に害を与えないものとして、放射線よりもずっと波長が短く、別物と思ってください。
害があるどころか、可視光線に関しては、肌に良い影響があると言われ、アンチエイジングの効果もあると言われているくらいです。
エステ脱毛では、熱いし、やけども心配という方もいらっしゃいます。
光が当たることで、肌へのダメージの一つに熱さとやけど、赤くなったりと言うことはあります。
これは否定出来ないことです。
しかし、それはあくまでも表面的なことであり、体への害とは違います。
メンズ脱毛をする場合、たいていは患部を冷やして行うのが主で、これで熱さを感じないようにする工夫がされています。
ただ、どうしても注意してほしいのが、目です。
可視光線は目に入ることで、影響があります。
ただひとつ体への影響を考えるのなら、この目でしょう。
ですから、たいていはサングラスや目をつぶっているように言われることになります。
体ではなく、目に関しては、注意が必要です。